日時 学会 場所 発表者:題目
       
2015年12月9-11日 The 22dn International Display Workshops (IDW '15) Otsu Prince Hotel
Otsu, Japan

AMDp2 - 6 Precise Simulation of Brightness Variation on Whole AMOLED Panel Caused by Power Line Voltage Drop
C.-H. Shim, C. Tsukii, S.-K. Kim, R. Hattori, T. Munakata*

OLEDp1 - 1 Flexible OLED Lighting Panel with Capacitive Coupling Wireless Power Supply
Y. Murozono, R. Hattori, T. Yagi*, K. Omata*

INP2 - 2 15:35
3D Shaped Touch Panel with Transparent Carbon Nanotube Electrodes
R. Hattori, O. Watanabe*, S. Takada*

2015年10月30日 薄膜材料デバイス研究会 第12回研究集会「IoT時代に向けた新しい薄膜デバイス応用」 龍谷大学 響都ホール
校友会館(京都)

チュートリアル講演
服部 励治 (九州大学)
「酸化物TFTバックプレーン駆動回路」

2015年9月8日-10日 電子情報通信学会ソサイエティー大会 東北大学 川内キャンパス(仙台市) C-9-8 電源線電圧降下によるAMOLEDパネルの輝度分布シミュレーション ◎月井千尋・沈 昌勲・金 丞謙・服部励治(九大)・宗形恒夫(ジーダット)

2015年5月31日-6月5日

Society for Information Display, 2015 International Symposium

San Nose, USA

P.146 - Skin Resistance Measurement using Static Capacitive Touch Panel
Yuhei Morimoto, Ryota Yoneda, Reiji Hattori, Kyushu University Fukuoka Japan
2015年 3月10日-13日 電子情報通信学会総合大会 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス C-9-10 静電容量方式タッチパネルを用いた皮膚インピーダンス計測   ◎森本祐平・米田亮太・服部励治(九大)
C-9-11 エレクトロクロミックディスプレイの駆動電圧最適化と階調駆動   ○今津貴雅(九大)・辻 和明・岡田吉智・八代 徹(リコー)・服部励治(九大)
2015年 3月16日-18日 The Third International Japan-Egypt Conference on Electronics, Communications and Computers Inamori Center, Kyushu-University, Fukuoka, Japan

Frequency-Scan Capacitive Touch Panel For Bioelectrical Sensor
Reiji Hattori, Ryota Yoneda and Yuhei Morimoto

2015年 2月6日-7日 バイオメカニクス研究センター&エレクトロニクス実装学会九州支部合同研究会 九州大学伊都キャンパス・椎木講堂 Soft-biometrics with Static Capacitive Touch Panel
2014年9月23日-26日 電子情報通信学会ソサイエティー大会 徳島大学 常三島キャンパス(徳島市) C-9-8 静電容量方式タッチパネルを用いた人体インピーダンス測定   ◎森本祐平・慶 奎元・米田亮太・服部励治(九大)
C-9-9 高抵抗電極を用いた大型向け投影容量方式タッチパネル   ○慶 奎元・米田亮太・森本祐平・服部励治(九大)
B-21-13 電界結合型無線電力伝送における電極形状と回路考察   ◎宮本康平・服部励治(九大)
2014年8月26-29日 The 14th International Meeting on Information Display [IMID 2014] Taegu, Korea 18-2:"Capacitive Touch Panel with Single ITO Layer," Reiji Hattori, Kyu-Won Kyoung, and Ryota Yoneda
31-4:"Temperature Dependence on Contact Resistances of Organic Thin Film Transistors," Tatsuya Matsumoto, Seung Kyum Kim, Reiji Hattori
2014年6月9-12日 15th International Krutyn Summer School
"Challenges to open up the new era of organic photonics and electronics from material to market - from Asian perspective"
Krutyn, Porland Prof. Reiji Hattori, Kyushu University, Japan
1. Basic Characteristics of AMOLED
2. Display Structure & Fabrication process of AMOLED
3. Driving technologies of AMOLED

2014年6月3-6日

Society for Information Display, 2014 International Symposium

San Diego, USA

P.167: A Low-Side Self-Capacitive Sensing Method for Large-Area Touch Screens
Reiji Hattori, Art, Science, and Technology Center for Cooperation Research, Kasuga, Japan
2014年5月30日 公益社団法人応用物理学会 集積化MEMS技術研究会主催
第8回集積化MEMS技術研究会「次世代半導体技術」

熊本大学工学部百周年記念館 MEMS液体有機EL発光素子
2014年3月18-21日 電子情報通信学会総合大会 新潟大学 五十嵐キャンパス

C-9-4 静電容量方式タッチパネルにおけるユーザ判別回路の検討   ◎米田亮太・慶 奎元・服部励治(九大)(3月20日発表 総合教育研究棟 F棟 2階 273)
C-9-10 複数負荷への容量結合型無線電力伝送に関する考察   ◎宮本康平・服部励治(九大)(3月21日発表 総合教育研究棟 F棟 2階 274) 服部励治
C-9-11 エレクトロクロミックディスプレイの階調駆動   ◎村上雄紀(九大)・辻 和明・岡田吉智・八代 徹(リコー)・服部励治(九大)(3月21日発表 総合教育研究棟 F棟 2階 274)
C-13-10 低温金属接合技術を使った貼り合せ型有機ELディスプレイ   ○沈 昌勲(九大)・山田晋也(早大)・金 丞謙(九大)・笠原崇史(早大)・江面知彦(九大)・水野 潤(早大)・服部励治・安達千波矢(九大)(3月21日発表 教育学部 B棟 1階 108)

2014年1月24‐25日

発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会
(共催)電子情報通信学会 電子ディスプレイ研究専門委員会、他

新潟大学 駅南キャンパス

エレクトロクロミックディスプレイの初期化駆動 ○村上雄紀(九大)・辻 和明・岡田吉智・ 八代 徹(リコー)・服部励治(九大)
有機薄膜トランジスタにおける電界効果移動度の温度依存性の考察 ○松本竜也(九大)・ 金 丞謙(OPERA)・服部励治(九大)

2013年12月4-6日 The 20th International Display Workshops (IDW '13) Sapporo Convention Center, Sapporo, Japan

FMC7 - 2: 17:10 Invited Wireless Power Transmitting System for Mobile Devices R. Hattori, K. Miyamoto, H. Kanaya, S. Tsukamoto, H. Ishinishi*
INP3 - 1: 13:30 Invited Single ITO Layer Multi-Touch Sensor Panel R. Hattori, K. Kyoung, R. Yoneda
AMDp2-14L Elevated-Electrode Structure in Organic Thin-Film Transistors S. K. Kim, C.-H. Shim, T. Edura, K. Tsugita, S. Yukiwaki, C. Adachi, R. Hattori

2013年12月3日 IDW '13 チュートリアル 札幌コンベンションセンター 1階 中ホールB 16:55 - 17:25 (9) DES 服部 励冶 (九州大学)
2013年11月26日 台灣顯示器聯合總會 (TDUA) ITRI , Hsinchu TUTORIAL:"Driving technology” at Metal Oxide Technology Workshop
2013年10月16日 久留米工業高等専門学校出張講義 久留米工業高等専門学校 "ディスプレイの仕組みを知る"
2013年10月09日 シンポジウム「タッチ・パネルの最新技術動向」公益社団法人化学工学会 エレクトロニクス部会 東京工業大学、100年記念館大会議室 タッチパネルの電極構造と駆動方法
2013年10月8日 新技術説明会 JST東京本部別館ホール 筐体電圧印加法
タッチセンサーパネル
2013年10月4日 電子情報通信学会 第6回電子ディスプレイシンポジウム ―タッチパネルのすべて―(CEATEC2012連携) 幕張メッセ 国際会議場 3階 303会議室 電子ディスプレイシンポジウム ―タッチパネルのすべて―
2013年9月17日 電子情報通信学会ソサイエティー大会 福岡工業大学

C-9-4 有機TFTにおける接触抵抗の温度依存性   ◎松本竜也(九大)・金 丞謙(最先端有機光エレクトロニクスセンター)・服部励治(九大)
C-9-5 エレクトロクロミックディスプレイの駆動電圧最適化   ◎村上雄紀(九大)・辻 和明・岡田吉智・八代 徹(リコー)・服部励治(九大)
C-9-10 表面容量方式タッチパネルにおける検出回路の検討   ◎米田亮太・慶 奎元・服部励治(九大)
C-9-11 無線電力伝送における整流回路のインピーダンス考察   ◎宮本康平・服部励治(九大)

2013年9月10-11日 FPD International China 2013 / Beijing Summit Liaoning International Hotel, Beijing, China Wireless Power Transmitting System For Mobile Devices
2013年9月6日 インキ学会 大阪塗料会館 静電容量タッチパネルの基礎と技術動向と独自開発技術
2013年8月26-29日 The 13th International Meeting on Information Display [IMID 2013] Taegu, Korea 18-2:"Capacitive Touch Panel with Single ITO Layer," Reiji Hattori, Kyu-Won Kyoung, and Ryota Yoneda
31-4:"Temperature Dependence on Contact Resistances of Organic Thin Film Transistors," Tatsuya Matsumoto, Seung Kyum Kim, Reiji Hattori

2013年7

月19日

日本学術振興協会産学協力研究委員会「透明酸化物光・電子材料第166委員会」 青山学院大学アイビーホール 第60回研究会
講演会 「透明酸化物導電体・半導体の基礎」

4k-UHD OLED-TV実現のためのパネル/回路設計
2013年7月17日 SID日本支部 機械振興会館 地下3階 研修1号室 SID '13 報告会
(8) Display Electronics and Projection Displays
2013年6月25日 電子ジャーナル 連合会館(東京・御茶ノ水)
Electronic Journal 第1763回 Technical Seminar
大型有機ELテレビ&ディスプレイ★徹底解説
〜市場・製造技術・バックプレーン技術の現状と課題・今後を詳解〜

●大型有機ELテレビ&ディスプレイ技術の最前線
第二部、バックプレーンと駆動技術
2013年6月 技術情報協会  

第3章    〜高周波対応,ノイズ対策など〜「駆動,回路基板,封止接合,耐久性」などに貢献する部材
相互容量方式タッチパネル電極/デバイス構造電磁界解析

2013年5月19-24日

May , 22 / 09:00 - 10:20

Society for Information Display, 2013 International Symposium

Vancouver, Canada

25.1 - Capacitively-Coupled and 13.56 MHz Resonance Controlled Wireless Power Transfer System for e-Paper modules (09:00 AM - 09:20 AM) Reiji Hattori Kyushu Univ. Hiroshi Ishinishi Network Application Engineering Laboratories Ltd.
2013年3月29日

Kyushu University-Program for Leading Graduate Schools "1st International
Symposium for Molecular System Device Global Leader Education Program
" Future for Molecular System Devices -Education, Research and 
Industrialization-"

Hilton Fukuoka Sea Hawk Fundamentals and Trends of AMOLED
2013年03月08日 日本機械学会
エレクトロニクス実装のプロセスと製品における信頼性評価と熱制御に関する研究分科会
第10回分科会
東工大大岡山キャンパス石川台3号館 静電容量タッチパネル技術の解説と動向
2013年03月07日 高分子学会 フォトニクスポリマー研究会 慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎シンポジウムスペース

第7回フォトニクスポリマー研究会講座
〜さらなる進化を続けるディスプレイとフォトニクスポリマー〜
静電容量タッチパネルの技術動向とタッチセンサーフィルム

2013年3月19日 電子情報通信学会総合大会 岐阜大学柳戸キャンパス

C-9-3 電子ペーパーの消費電力分析 ◎村上雄紀・服部励治(九大)
C-9-4 相互容量方式タッチパネル電場解析 ○服部励治・慶 奎元(九大)

2013年1月24‐25日

発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会
(共催)電子情報通信学会 電子ディスプレイ研究専門委員会、他

静岡大学 浜松キャンパス 佐鳴会館 有機TFTバックプレーンにおける寄生容量測定 ○吉原和貴・金 丞謙・服部励治(九大)
容量結合無線電力伝送における回路シミュレーションと理論的考察 ○高橋達也・服部励治(九大)
2012年12月26日 NEアカデミー 
主催: 日経エレクトロニクス
化学会館 7F(東京・お茶の水)

『有機ELの基礎から将来展望まで』
講師:九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター 特任教授 松波 成行、九州大学 産学連携センター 教授 服部 励治

2012年12月4-7日 The 19th International Display Workshops (IDW '12) Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan
  1. INPp - 2 : "Improvement of Detection Linearity on the Capacitive Touch Panel Using Transient Electrical Response," K. Kyoung, K. Yuge, R. Hattori *Kyushu Univ., Japan
  2. EPp-12 : "Batteryless Electronic Paper Using Wireless Power Transfer with Resonant Capacitive Coupling," Tatsuya Takahashi, Reiji Hattori1, Akihiko Watanabe and Hiroshi Ishinish, Kyushu Univ. & NAL, Japan
2012年12月
月刊ディスプレイ  (特集 タッチパネルが切りひらく未来)
  服部 励治, 慶 奎元:
"相互容量方式タッチパネルの原理と動向"
"Trend and Principle of Mutual Capacitance Touch Panel"
ディスプレイ18(12), pp.18-25, 2012-12, テクノタイムズ社
2012年12月 月刊ディスプレイ  (特集 タッチパネルが切りひらく未来)   慶 奎元, 服部 励治:
"静電容量式タッチパネルの評価項目について
"The Evaluation Item of Capacitive Touch Panel"
ディスプレイ 18(12), 42-47, 2012-12, テクノタイムズ社
2012年12月 別冊「タッチ・パネル最前線2013―2014」日経エレクトロニクス 編  

第3章 タッチ・パネル技術
[静電容量方式総論] 静電容量タッチ・パネル技術の解説と動向

2012年 11月7日 IMID 2012 報告会 機会振興会館 地下3階1号会議室 16:30~17:00 Display elec.関係九州大学 服部励治
2012年10月31日 FPD International 2012 パシフィコ横浜

C-12 タッチ・パネル/市場と技術
静電容量タッチネル技術の解説と動向

2012年10月17日 電子情報通信学会
「画像技術・視覚・その他一般」研究会
東京・芝 機械振興会館 地下3階 研修1号会議室

「過渡電流測定による有機TFTバックプレーン寄生容量の評価」
吉原 和貴,   金丞謙,   服部励治

2012年10月3日 電子情報通信学会 第5回フレキシブルディスプレイシンポジウム (CEATEC2012連携) 『フレキシブルディスプレイ技術開発動向』 幕張メッセ 国際会議場 3階 303会議室
13:00-13:45
  • 有機トランジスタを用いたフレキシブル有機ELディスプレイの基盤技術
    山形大学有機エレクトロニクス研究センター 水上 誠 氏
13:45-14:30
  • プラスチック基板上a-IGZO-TFTで駆動する11.7型フレキシブル有機ELディスプレイ
    (株)東芝 研究開発センター 三浦 健太郎 氏
14:30-15:15
  • 酸化物半導体TFTのフレキシブルディスプレイへの応用
    NHK放送技術研究所 中田 充 氏
15:15-15:30 休憩
15:30-16:15
  • 有機半導体の印刷製造技術
    産業技術総合研究所 フレキシブルエレクトロニクス研究センター 長谷川 達生 氏
16:15-17:00
  • フレキシブルエレクトロニクスへの材料技術
    日本ゼオン(株)新事業開発部 柏木 幹文 氏
2012年9月10日 Appl. Phys. Lett.  
  1. Chang-Hoon Shim, Shuzo Hirata, Juro Oshima, Tomohiko Edura, Reiji Hattori and Chihaya Adachi; “Uniform and Refreshable Liquid Electroluminescent Device with a Back Side Reservoir,”Appl. Phys. Lett., Vol. 101, Is. 10, 113302 (10 September, 2012)
2012年9月11-14日 電子情報通信学会ソサイエティー大会 富山大学、五福キャンパス(富山市)
  1. チュートリアルセッション、 CT-1. 誰でもわかる最新ディスプレイ技術 (電子ディスプレイ研専)
    (9月12日 13:00?17:00 共通教育棟 A棟 A33)
    CT-1-5 「電子ペーパーの基礎」 服部励治(九大)
  2. C-9 電子ディスプレイ(9月12日 10:00~12:00 共通教育棟 A棟 A33)
    C-9-1 「容量結合方式無線電力伝送の回路設計」◎高橋達也・服部励治(九大)
    C-9-2 「過渡特性を用いた静電容量方式タッチスライダーの検討」○慶 奎元・服部励治(九大)
2012年9月3-7日 9th International Conference on Electroluminescence & Organic Optoelectronics (ICEL 2012) The Luigans
(Saitozaki, Fukuoka)
Co-Chair
2012年8月28-31日 The 12th International Meeting on Information Display [IMID 2012] Taegu, Korea
  1. (TUTORIAL 2, AMOLED Technologies, August 28, 15:00-18:00)
    "AMOLED Circuit Technology," Reiji Hattori
  2. (60. Power Management Technology, August 31, 10:40-12:15, Invited Talk, 60-3)
    " Capacitively-coupled Wireless Power Transfer System for e-Paper"
    Reiji Hattori1, Tatsuya Takahashi, Akihiko Watanabe and Hiroshi Ishinish
2012年6月4-8日 Society for Information Display, 2012 International Symposium

Boston, MA, USA

  1. I-Zone (Demonstration)
    Capacitively-coupled wireless power transfer system for mobile & epaper
    Tatsuya Takahashi, Reiji Hattori
  2. P.152: Late-News Poster: Self-Refreshable Lighting Device Using Liquid OLED Material
    Chang Hoon Shim, Kyushu University, Fukuoka, Japan
2012年3月23日 電子情報通信学会総合大会 岡山大学

エレクトロニクスソサイエティー特別企画
CK-1 エレクトロニクスソサイエティープレナリーセッション
特別講演1「電子ペーパーのゆくえ」 講師 服部励治(九大)(3月21日:15:25〜16:10, 津島キャンパス一般教育棟B棟 B11講義室 )

C-9電子ディスプレイ(3月22日13:00〜16:30,一般教育棟 A棟 A43)
C-9-1 「微小電流測定器を用いたピクセル回路の過渡特性測定法」◎吉原和貴・服部励治(九大)
C-9-2 「電界結合方式無線電力伝送の電極設計」◎高橋達也・服部励治(九大)

2012年3月18日

応用物理学会
春季講演会

早稲田大学 早稲田キャンパス 背面貯蔵型液体ELデバイス
九大・産学連携センター1,九大・最先端有機光エレ研2,日産化学工業3 ○沈 昌勲1,2,平田修造2,大島寿朗2,3,江面知彦2,服部励治1,2,安達千波矢2
2012年3月6-9日 2012 Japan-Egypt Conference on
Electronics, Communications and
Computers
Hilton Green Plaza, at Alexandria, Egypt "High-Voltage Driver LSI for Passive Matrix Driven Electronic Paper with 160 Tri-Level Voltage outputs"
Reiji Hattori
2012年2月22日 情報機構
 

材料技術と製造プロセス
タッチパネル開発の最前線
〜貼り合わせ、印刷、成膜、表面処理、ガラス・フィルム、透明導電膜、センサ〜
第5章 センサ技術,第2節 相互容量方式タッチパネルの最適設計,pp.233-244 (2012年2月22日)

2012年1月27‐28日

発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会
(共催)電子情報通信学会 電子ディスプレイ研究専門委員会、他

秋田大学 手形キャンパス

11. 固定長符号化マルチラインアドレッシング有機ELディスプレイの消費電力および画質の評価 ○桑原拓也・服部励治(九大)

12. タッチ容量検出回路の検討―単層構造ハイブリッド容量方式タッチパネルの開発に向けて― ○弓削勝忠・慶 奎元・服部励治(九大)

2011年12月 GNC Techシリーズ
「有機EL技術大系」
 

「有機EL技術大系」
第3章 プロセス・要素技術, 2節 バックプレーン, 1.低温ポリシリコンTFTと酸化物TFT
6節 駆動技術
GNC Tech 

2011年10月26日 日経BP社  

ディスプレイ技術年鑑2012 〜有機EL,電子ペーパーからタッチパネルまで〜
第2章 ディスプレイ技術トレンド、2-2 有機ELパネル、2-2-1 【ロードマップ】
有機ELパネル技術ロードマップ(2012年度版)p.56
松波成行、服部励治共著

2011年12月7-9日 The 18th International Display Workshops (IDW '11) Nagoya Congress Center, Nagoya, Japan

INPp - 3 Single Layered and One-Side Wired Capacitive Touch Panel Using Transient Electrical Response K. Kyoung, K. Yuge, R. Hattori *Kyushu Univ., Japan
EP5 - 2: Full Color and Flexible Electronic Paper Display M. Nishii, R. Sakurai, S. Ohno, Y. Masuda, R. Hattori* Bridgestone, Japan *Kyushu Univ., Japan

2011年11月14日-6日 The 6th Yeungnam - Kyushu University Joint Symposium Place: Room 311, Chemical Engineering Bldg, Yeungnam University, Korea "New Capacitive Touch Panel Technology" Reiji Hattori
2011年11月4日-6日 The 3rd Asian Conference on Organic Electronics National Taiwan University, Taipei, Taiwan "Analog Circuit Model for Organic Light-Emitting Diode" Reiji Hattori
2011年11月 液晶学会   "第4回フレキシブルディスプレイシンポジウムの報告" 服部励治
2011年10月17日 電子情報通信学会
「画像技術・視覚・その他一般」研究会
東京・芝 機械振興会館 地下3階 研修1号会議室 固定長符号化を用いたマルチラインパッシブマトリックス駆動有機ELディスプレイのピーク輝度抑制 ○桑原拓也・服部励治(九大)
2011年10月11-14日 The 11th International Meeting on Information Display [IMID 2011] KINTEX, Seoul, Korea Single‐layered Surface / Projected Hybrid Capacitive Touch Panel Kyuwon Kyoung, Katsunori Yuge, and Reiji Hattori (Kyushu Univ., Japan)
2011年10月6日 電子情報通信学会 第4回フレキシブルディスプレイシンポジウム (CEATEC2011連携) 『フレキシブルディスプレイの全て〜材料からシステムまで〜』 幕張メッセ 国際会議場 3階 302会議室 イントロダクトリートーク           服部励治
2011年9月29日 ITRI - KU JOINT SYMPOSIUM Conference Room 4F of Bldg. 51, ITRI, Taiwan Topic:Analog circuit models for Organic Electronic Devices Speaker:Prof. Reiji Hattori, Dept. Electronics, Graduate School of ISEE, Kyushu University
2011年9月13-16日 電子情報通信学会ソサイエティー大会 北海道大学 有機ELディスプレイ/電子ペーパーへの圧縮マルチラインアドレッシング
  ○服部励治・桑原拓也(九大)
2011年7月22日 電子情報通信学会・)情報ディスプレイ研究会 東京・芝 機械振興会館 地下3階 研修1号会議室 静電容量方式タッチパネルにおける膜抵抗と寄生容量の影響 ○弓削勝忠・慶 奎元・服部励治(九大)
2011年9月2日 日本真空工業会
真空フォーラム2011

東京ビックサイト会議棟 607,608会議室

服部 励治: 「進化し続けるディスプレイ技術」
2011年7月 電子情報通信学会   電子情報通信学会論文誌 エレクトロニクスC 第145号NEWS LETTER
寄稿 「電子ディスプレイ研究を日本に根付かせるために」
2011年8月 電子情報通信学会   電子情報通信学会誌平成23年8月号
フレキシブルディスプレイの研究開発最前線
2011年7月11-13日 AM-FPD Ryukoku University Avanti Kyoto Hall
Kyoto, Japan

Tutorial 2 : 電子ペーパー駆動技術 Driving Technologies for Electronic Paper

11:40 (5-4) Device Simulation Analysis of Electrical Characteristics on Electrode Configuration in Organic Thin-Film Transistors
C. -H. Shim1, T. Sekiya2, R. Hattori1, 1Kyushu Univ., Japan, 2Idemitsu Kosan, Japan

2011年8月 有機EL討論会第12回例会 日本科学未来館(7階) みらいCANホール (東京、お台場) Chang-Hoon Shim
定電圧マルチライン駆動有機EL ディスプレイ
2011年3月 九州半導体イノベーション協議会   SIIQ Press Vo.20, DEATURE特集2 「電子ペーパー技術のゆくえ」
2011年3月20日 映像情報メディア学会   映像情報メディア学会誌2011年4月号(2011年3月20日発行予定)
<報 告>IDW2010報告」
2011年3月15日 OPERA有機エレクトロニクスシンポジウム 東京コクヨホール 「有機電子デバイスのための 回路設計環境の構築」ポスターセッション(中止)
2011年2月10日 The 5th Yeungnam University–Kyushu University Joint Symposium Inamori Hall, Kyushu University (Ito Campus) Flexible Display Technologies for Electronic Paper
2011年1月28‐29日 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 高知工科大学 C棟 古庄啓太郎: 「OLEDにおける注入および空間電荷制限に対するJ-V理論式の考察」
古賀宗典: 「有機ELディスプレイのマルチライン駆動」
慶 奎元: 「単層構造マルチタッチハイブリッド容量式タッチパネルの開発」
弓指洋平:「電子ペーパーディスプレイへの無線給電システム開発」
2010年12月8日 アルバックシンポジウム 特別講演 神奈川県茅ヶ崎市株式会社アルバック本社 フレキシブルディスプレイの現状と将来
2010年12月10日 高分子学会 有機EL研究会 千里ライフサイエンスセンター サイエンスホール 有機ELディスプレイ駆動法の開発動向
2010年11月10‐12日 FPD International / Green Device フォーラム2010 幕張メッセ国際会議場および隣接ホテル 国際学会に見る新規ディスプレイの将来
2010年10月28-29日 2010 International Conference on Flexible and Printed Electronics (2010 ICFPE) Ambassador Hotel Hsinchu, Hsinchu, Taiwan [Invited] "Peripheral technologies to realize ideal electronic paper"
2010年 10月11-15日 The 10th International Meeting on Information Display [IMID 2010] KINTEX, Seoul, Korea [Invited] "Thin and Light Weight Flexible Electronic Paper Display using QR-LPD™ Technology" R. Hattori (Kyushu Univ., Japan), R. Sakurai, N. Nihei, and Y. Masuda
(Bridgestone Corp., Japan)
2010年 10月 9日 電子情報通信学会 電子ディスプレイ(EID)研究専門委員会 幕張メッセ 国際会議場 3階 301会議室  
2010年9月18日 平成22年度 第4回 「新炭素資源学」フォーラム 九州大学 筑紫キャンパス C-Cube 303講義室 Introduction of Electronic Paper Technologies(電子ペーパー技術の紹介)
2010年7月7-9日 DICOMO2010  岐阜県下呂温泉 水明館 平川 剛:「電子ペーパーネットワークシステム実現のための通信プロトコル設計」
2010年7月 光産業協会 オプトニューズ (Vol.4, No.4(2010))   「テクノロジートレンド」 有機ELディスプレイの最新技術 
2010年7月 「月刊ディスプレイ」2010年7月号   電子ペーパー周辺回路― コスト低減へ向けてのキーテクノロジー ―
2010年7月12日 電子情報通信学会
フレキシブルエレクトロニクス研究会
機械振興会館地下3階2号室 どこでもプリンター 〜 電子ペーパーへの無線電力伝送システム 〜
○平川 剛(ネットワーク応用技研)・服部励治(九大)・石西 洋・渡邊明彦(ネットワーク応用技研)・弓指洋平(九大)・井上創造(九工大)
2010年6月30日 日経BP TECH-ONセミナー
新世代タッチ・パネル
マルチタッチ,大型化,薄型・軽量化,耐久性向上の実現技術を詳説
New Generation Touch Screen
― Multi-touch, Large Scale, Thin & Light and Robustness Technology ―
Learning Square新橋(東京都港区) イン・セル/オン・セル型タッチ・パネル技術動向分析
2010年5月23日 Society for Information Display, 2010 International Symposium Seattle, WA, US 54.2: Direct Printed Electrodes of Transparent Conductive Polymers for Flexible Electronic Papers, Masayuki Nishii, Yoshinori Iwabuchi, Hidefumi Kotsubo, Ryo Sakurai, Yoshitomo Masuda, Reiji Hattori
2010年5月 社団法人 映像情報メディア学会 編   映像情報メディア工学大事典
2010年5月14日 電子ジャーナル Technical Seminar講演 総評会館 第496回セミナー「電子ペーパー駆動技術★徹底解説」
2010年3月26日 日本化学会(来春)ATP
電子ペーパー
近畿大学本部キャンパス(東大阪市) 1A5- 18 依頼講演:電子ペーパーの駆動とバックプレーン技術
2010年3月 九州半導体イノベーション協議会   SIIQ Press Vo.19, DEATURE特集 九州発の新しい技術と今後の展望「有機エレクトロニクスで九州を元気に」
2010年2月10日 特許庁 審判部特定技術研修
「先端技術研修」
独立行政法人工業所有権情報・研修館 有機EL表示装置の駆動技術
2010年1月28‐29日 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会
(共催)照明学会 光関連材料・デバイス研究専門部会,映像情報メディア学会 情報ディスプレイ研究委員会,電子情報通信学会 電子ディスプレイ研究専門委員会,
電気学会 次世代ユビキタスディスプレイ調査専門委員会,SID日本支部
九州大学(筑紫地区)総合研究棟(C-Cube)筑紫ホール 1.ハイブリッド静電容量方式タッチセンサ用アナログLSIの検討
 ○田中 翔・柳 幸宏・慶 奎元・服部励治(九大)
2.電子ペーパーに関するマルチライン駆動による更新時間短縮
 ○兼子定之・麻川倫広・服部励治(九大)
3.負性容量を利用したAMOLED 電流プログラム用ドライバーIC改善
 ○古賀宗典・沈 昌勲・服部励治(九大)
4.物理的有機ELダイオードSPICEモデル
 ○李 相根・服部励治(九大)
5.デバイスシミュレーションを用いた有機薄膜トランジスタSPICEモデルの作成・改良
 ○丸岡史人・服部励治(九大)
2009年 12月9-11日 The 16th International Display Workshops (IDW '09) Phoenix Seagaia Resort, Miyazaki, Japan S. Kaneko, "Additional Speeding-up Method of Updating Time for Bistable Passive-Matrix Driven Display by Shrinking Multiline Addressing Data"
M. Nishii, "Development of Electrode Materials for Flexible Electronic Paper: Application of Conductive Organic Polymers by Higher Resolution Patterning"
2009年 11月 プレスジャーナル社Semiconductor FPD World11月号(10月20日発行予定)   フレキシブル・ディスプレイの真髄 曲がるだけではない 堅牢性,生産技術革命,環境保護,日本復活・・・
2009年 10月28日 電子情報通信学会 第2回フレキシブルディスプレイシンポジウム 工学院大学 新宿キャンパス3F アーバンテックホール イントロダクトリートーク           服部励治
2009年 10月12-16日 The 9th International Meeting on Information Display [IMID 2009] KINTEX, Seoul, Korea Song-gun Lee, "Derivation of Current-Voltage Equations for OLED using Device Simulation"
2009年 10月1日 KICC九州イノベーション創出促進協議会
第1回有機エレクトロニクス研究会
(平成21年度第1回生産計測技術分科会講演会)
A.R.Kビル2F 大ホール 「有機エレクトロニクスのディスプレイ応用」
服部 励治
 
2009年9月28, 29日 電気関係学会九州支部連合大会 九州工業大学飯塚キャンパス 10-1P-06 ハイブリッド静電容量方式タッチセンサ用アナログLSIの検討
○柳 幸宏・田中 翔・慶 奎元・服部励治(九大)
2009年9月3, 4日 The 1st Asian Conference on Organic Electronics THE LUIGANS Hotel, Fukuoka, Japan Reiji Hattori, "Top gate organic TFT with two-mask solution process"
Sang Gun Lee, "Thickness dependence of theoretical current equation in organic semiconductor"
Chang-Hoon Shim, "Simulated structural dependence of organic thin film transistor"
2009年 8月10日 中学生の理科教室 九州大学伊都キャンパス  
2009年 8月2-7日 SPIE Symposium on SPIE Photonic Devices + Applications San Diego Convention Center, CA, US Theoretical equations for current-voltage characteristics in OLED (Invited Paper)
Paper 7415-13
Author(s): Reiji Hattori, Sang-Gun Lee, Kyushu Univ. (Japan)
2009年7月8-10日   大分県 別府温泉 杉乃井ホテル 平川剛:「電子ペーパーシステム実現のための通信プロトコル設計」
2009年 7月13日 SID '09 報告会 機会振興会館 B2 ホール (3) 10:45~11:10 Active-Matrix Devices-II
服部励治(九州大学)(S4,S28,S33,S44,S65)
2009年 6月19-20日 有機EL討論会 第8回例会 未来会館、東京 S9-1 ○李 相根, 服部 励治:
多層有機EL電圧電流特性のデバイスシミュレーション
2009年 6月2-5日 Society for Information Display, 2009 International Symposium San Antonio, TX, US 51.3: Masayuki Nishii, Ryo Sakurai, Kaoru Sugie, Yoshitomo Masuda and Reiji Hattori, Using of Transparent Conductive Polymer for Electrode Materials in Flexible Electronic Paper
2009年4月16日 第19回ファインテック・ジャパン,専門技術セミナー 東京ビックサイト 有機ELコース,D-2,本格普及期へ突入する有機ELの最新技術
有機ELディスプレイの駆動技術の全て 〜基礎から最新技術まで〜
2009年3月28-30日 第89回日本化学会春季年会ATP 日本大学理工学部 船橋キャンパス デバイスシミュレーションからの有機EL素子解析
2009年3月17-20日 電子情報通信学会総合大会 愛媛大学 マルチラインアドレッシング
2009年2月27日 アモルファス・ナノ材料第147 委員会
第103 回研究会第4分科会(光電機能材料) 有機デバイスの現状と将来 −基礎からデバイス応用より見る将来像−
 
弘済会館 新規電子ディスプレイとその駆動回路
2009年2月19日 高機能有機分子デバイス研究会 名古屋大学 IB電子情報館北棟 5階 電機系会議室 有機デバイスシミュレーションと理論式との関係
2009年1月29-30日 電子情報通信学会,発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 八戸 佐伯 翼 服部 励治
“パッシブマトリクス駆動バイステイブルディスプレイを用いた静電容量タッチパネル”
2008年12月17日 電子情報通信学会 電子ディスプレイ(EID)研究専門委員会 第1回フレキシブルディスプレイシンポジウム 工学院大学 新宿キャンパス 3Fアーバンテックホール 『フレキシブルディスプレイへの挑戦』
フレキシブル電子ペーパー駆動技術
2008年12月11日 学術振興会142委員会情報科学用有機材料C部会「有機光エレクトロニクス部会 第XX回研究会」 北九州門司 有機ELと有機TFTにおけるデバイスシミュレーション
2008年12月3-5日 The 15th International Display Workshops (IDW '08) Niigata, Japan EPp - 2:S. Kaneko, M. Asakawa, R. Hattori, Y. Masuda, N. Nihei, A. Yokoo, S. Yamada : "Multiline Addressing of Quick Response Liquid Powder Display (QR-LPD) Using Non-Negative Matrix Factorization"
2008年 11月20-21日 有機EL討論会 第7回例会  金沢市文化ホール  
2008年 11月3-5日 IEEE Asian Solid-State Circuits Conference (A-SSCC 2008) Sea Hawk Hotel, Fukuoka  
2008年 10月30日 FPD International FPD Forum パシフィコ横浜 T-24 有機ELの基礎と課題(2) 有機ELの基礎と課題(駆動方法)
2008年 10月16日

The 8th International Meeting on Information Display, International Display Manufacturing Conference, and Asia Display
(IMID/IMDC/ASID 2008)

IKINTEX, Ilsan, Korea

25-1 Full HD AMOLED Current-programmed Driving with Negative Capacitance Circuit Technology
Reiji Hattori and Chang-Hoon Shim (Invited)
P-72 OLED Analog Behavioral Modeling Based on Physics Sang-Gun Lee and Reiji Hattori

2008年 9月17日 Electronic Journal 第230回 Technical Seminar 総評会館 有機ELディスプレイ駆動技術★徹底解説
2008年 8月19日 International Workshop for PDP, LCD, and OLED research and developments (PDP, Advanced Display, and OLED Research Center) PDP Research Center, Kwangwoon University, Seoul, Korea Reiji Hattori:
The recent trend on the driving technique of OLED

 

2008年 8月4-5日 第4回 SID日本支部サマーセミナー ウェルシティ湯河原(湯河原厚生年金会館) 服部 励治:「電子ペーパの基礎」
2008年 7月28日 International Symposium on Information and Computer Elements FORUM 2008 (ISICE FORUM 2008) Conference Venue (Waseda University Kitakyushu Campus) Reiji Hattori:
Electronic Paper Network System
2008年 7月24日 九州大学−工業技術研究院(ITRI) 合同シンポジウム 工業技術研究院(台湾 新竹市) Reiji Hattori:
Flexible Electronic Paper Display
2008年 6月22-25日 IEEE Computer Society
2008 VAIL Computer Elements Workshop
Vail, CO, US Reiji Hattori:
Electronic Paper Network System
2008年 6月19日 Electronic Journal 第181回 Technical Symposium
「有機EL 2008 徹底検証」
コクヨホール(東京・品川) 有機ELディスプレイ駆動技術の最新動向
2008年 6月13-14日 有機EL討論会 第6回例会  未来会館、東京 S9-1 ○服部 励治, 李 相根:
デバイスシミュレーションからの有機EL電圧−電流式の導出
2008年 5月20-23日 Society for Information Display, 2008 International Symposium Los Angeles, CA, US (9.4)Chang Hoon Shim:
Fast Current-Programming Method to OLED
(P165)Ryo Sakurai:
Flexible and Full-Color Electronic-Paper Display Using Quick-Response Liquid-Powder Technology
2008年 4月11-12日 電子情報通信学会
シリコン材料・デバイス研究会
沖縄県青年会館 (那覇市) 沈 昌勲:
「有機TFTにおけるデバイスシミュレーション 〜 構造とコンタクト障壁高さ依存性 〜」
2008年3月20日 電子情報通信学会総合大会 九州工業大学・北九州市立大学・早稲田大学
(北九州学術研究都市) 三大学合同
服部 励治:「有機ELテレビ駆動法」
沈 昌勲:「有機EL素子への定電流書き込み速度向上」
兼子 定之:「非負行列分解を用いた電子粉流体®ディスプレイのマルチライン駆動」
 
2008年3月18日 Electronic Journal 第167回 Technical Seminar 総評会館 有機ELディスプレイ駆動/TFT技術★徹底解説
2008年2月27日 五学会共催『エレクトログラフィー特集研究会』 東京・芝 機械振興会館 地下3階 研修1号会議室 「電子ペーパーにおけるフレキシブルドライバーLSI」
服部 励治* 麻川 倫広* 佐伯 翼*
増田 善友** 二瓶 則夫** 横尾 彰彦** 山田 修平**
*九州大学大学院 システム情報科学府
**株式会社ブリヂストン
2008年1月24-25日 電子情報通信学会,発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 静岡大学 浜松キャンパス 佐鳴(さなる)会館 会議室 (22) 2枚マスクによるトップゲート構造塗布型有機トランジスタ ○田添将靖、イップ ゴードン、服部励治(九州大)、荒牧晋司(三菱化学)
(25) マルチライン駆動による電子粉流体ディスプレイの駆動 ○麻川倫広、兼子定之、服部励治(九州大)、増田善友、二瓶則夫、横尾彰彦、山田修平(ブリヂストン)
2007年12月5-7日 14th International Display Workshops (IDW '07) Sapporo, Japan M. Asakawa : Electrical Characteristics of Driver LSI with 35µm Thickness for Flexible Display (Dec. 5, 17:10 - 17:30 at Small Hall C, DES3-3)
C. H. Shim :  Acceleration of Current Programming Speed for AMOLED using Active Negative-Capacitance Circuit (Dec. 7, 9:00 - 12:00 at Main Hall C, AMDp - 53L)
2007年11月15-16日 有機EL討論会 九州大学 筑紫キャンパス 発表なし
2007年11月12日 2007 KHU Fall Workshop Program
The Latest LTPS-TFT and OLED Technologies
Lecture room #620, Chungwoonkwan, Kyung HeeUniversity, Seoul Driving Technology for Large Size AMOLED
2007年11月12-14日 IEEE Asian Solid-State Circuits Conference (A-SSCC 2007) Ramada Plaza Hotel, Jeju, Korea Panel Discussion
Display Driver IC’s: Next Technology and Market Trends
2007年11月2日 電子関連セミナー KECセンター ネットワークシステムの中の電子ペーパー
2007年10月19日 有機EL講習会(有機EL研究会主催) 東京大学(本郷キャンパス)小柴ホール 有機トランジスターのディスプレイ応用
2007年9月18-19日 第60回電気関係学会九州支部連合大会 琉球大学 工学部 千原キャンパス ライン消去を用いた電子ディスプレイ(QR-LPD®)の駆動
2007年9月13日 イノベーションジャパン 2007 新技術説明会 東京国際フォーラム(東京・有楽町) 電子ペーパークライアントシステムの構築
2007年9月11日 プレスジャーナル 07 秋季 FPD シンポジウム 学士会館 有機EL 開発の今,そこから見える将来像
−さらなる高機能化に何が必要か。そしてブレークスルーの先に見えるもの−
2007年9月9-11日 学術学生交流協定シンポジウム 嶺南大学 Electronic Paper

2007年9月3,4日

STARCシンポジウム2007

千里阪急ホテル, 大阪

ここまできた電子ペーパー

2007年8月27-31日

7th International Meeting on Information Display (IMID 2007)

EXCO, Taegu, Korea

(Workshop Invited) Passive Driving Method for Low Power and Active Driving Method for Low cost of OLED

2007年8月26-31日

The 7th Pacific Rim Conference On Lasers and Electro-Optics (CLEO®/Pacific Rim 2007)

COEX, Seoul, Korea

(Invited) Organic Thin-Film Transistor from Solution-Processed Precursor Film

2007年7月26日 映像情報メディア学会 情報ディスプレイ研究会 機械振興会館,東京 (招待講演)TV応用を目指す有機ELディスプレイの駆動方式 −現状と課題−
2007年6月20日 FPD International 2007 プレセミナー 東京コンファレンスセンター・品川 「有機EL駆動・補償回路の最新技術」
2007年6月8-9日 第4回有機EL討論会 未来会館、東京 マルチライン選択駆動法
2007年5月22-25日 Society for Information Display, 2007 International Symposium Long Beach, US (Invited) Ryo Sakurai, Reiji Hattori, Michihiro Asakawa, Takuro Nakashima, Itsuo Tanuma, Akihiko Yokoo, Norio Nihei and Yoshitomo Masuda :
Ultra-thin and Flexible LSI Driver Mounted Electronic Paper Display
using Quick-Response Liquid-Powder Technology
2007年4月25日 学術振興会142委員会情報科学用有機材料C部会「有機光エレクトロニクス部会 第20回研究会」 東京理科大学 森戸記念館 有機ELディスプレイの駆動の動向
2007年4月13日 電子ペーパーコンソーシアム 九州大学 電子ペーパー実現のためのハード/ソフト
2007年
2月11-15日
IEEE International Solid-State Circuits Conference (ISSCC 2007) San Francisco, US Reiji Hattori, Michihiro Asakawa, Yoshitomo Masuda, Norio Nihei, Akihiko Yokoo, Shuhei Yamada, Itsuo Tanuma :
“Passive-Matrix Flexible Electronic Paper Using Quick-Response Liquid Powder Display (QR-LPD) Technology and Custom Driver Circuits”
2006年
12月6-8日
13th International Display Workshops (IDW '06) Ohtsu, Japan  (Invited) Reiji Hattori, Chanhoon Shim, SangKeun Lee, Masayasu Tazoe, Takuro Nakashima, Shinji Aramaki, Akira Ohno, Yoshimasa Sakai:
“Full Fabrication Process for AM-OLED using Solution-Processed Tetrabenzoporphyrin Thin-Film Transistor”
2006年
11月7日
第33回アモルファスセミナースタートアップセッション 国立大学九重研修センター 服部励治:
ディスプレイにおけるa-Si TFT研究の重要性
2006年
10月24-27日
2006 International Microprocesses and Nanotechnology Conference (NMC2006) Kamakura Prince Hotel, Kanagawa, Japan  (Invited) R. Sakurai, I. Tanuma, S. Ohno, S. Kita, Y. Masuda, and R. Hattori:
Novel type of color, flexible and reflective display using electronic liquid powder
2006年
10月8-12日
The 9th Asian Symposium on Information Display (ASID'06) Habitat World at India Habitat Centre, New Delhi, India Michihiro Asakawa, Takuro Nakashima, Reiji Hattori, Yoshitomo Masuda, Norio Nihei, Akihiko Yokoo, Shuhei Yamada:
“Improvement of Contrast Ratio in QR-LPD by Four-Voltage Level Driving”
2006年8月22-25日 6th International Meeting on Information Display (IMID 2006) and International Display Manufacturing Conference (IDMC 2006) EXCO, Taegu, Korea (Invited)Reiji Hattori:
“High-voltage and low power consumption driver for an electronic paper”