About us

【はじめに】当研究室では、新たなナノマテリアルの設計・合成・評価を行うとともに、ナノテクノロジーを駆使して、新エネルギー・環境とエレクトロニクスへの展開に取り組んでいます。特に、グラフェンや遷移金属カルコゲナイドなどの二次元原子膜材料の開発、そしてそれらのトランジスタや太陽電池などへの応用研究を積極的に進めています。このような研究活動を通じて、先駆的で創造的なプロジェクトを推進したいと考えています。
さらに、GICの一員として、「オープンイノベーション」をキーワードに、産学官連携と国際連携を推進しています。
最近の研究紹介(PDF)はこちら 。グラフェンに関するJSTの技術紹介資料(PDF)はこちら

【キーワード】ナノテクノロジー,グラフェン,遷移金属カルコゲナイド(TMC),二次元材料(原子薄膜),CVD,結晶成長,触媒反応,トランジスタ,太陽電池,カーボンナノチューブ(CNT)

【連絡先】九州大学 グローバルイノベーションセンター(大学院教育:総合理工学府 物質理工学専攻
  吾郷 浩樹(e-mail: h-ago(at)gic.kyushu-u.ac.jp)

News & Topics

  • 受験生のみなさまへ
    大学院入試(修士・博士)のための見学をいつでも受け付けています(2018年度入学の試験は終了しました。2019年度入学の学生さんを募集しています)。研究室見学や研究内容を知りたい方は、お気軽に吾郷までメールで連絡ください。
  • 2017/9/19
    卒業生の木下君の論文が Adv. Mater.(IF=19.8)に掲載されました。大面積の二層グラフェンにインターカレーションを行い、低抵抗で透明性に優れた二次元シートを作製しました。また、有機太陽電池への応用も行っています。本研究は筑波大の岡田研、東大の松尾研、東京工芸大の松本研との共同研究の成果です。
  • 2017/9/15
    フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウムでメンバーのAji君とHyungoo君が発表しました。卒業生の仲村渠君の若手奨励賞の授賞式もありました。
  • 2017/9/8
    応用物理学会秋季講演会でメンバーの内田君(奨励賞受賞講演)、Aji君、Hyungoo君、泉本君、末永君、寺尾さんが発表しました。また共同研究者の中島博士(産総研)、Gomasangさん(芝浦工大)からも発表がありました。
  • 2017/9/4
    首都大学東京の宮田耕充先生による第32回ナノテクセミナー(原子層ヘテロ構造の合成と機能開拓)を開催しました。
  • 2017/9/1
    吾郷が産業技術総合研究所(AIST)の客員研究員となりました。
  • 2017/8/31
    国際会議 IUMRS-ICAM 2017 において吾郷が基調講演を行いました。
  • 2017/8/18
    卒業生の大堂君(3期生)が新しい会社を立ち上げました。新たなチャレンジを応援しています。yahooの紹介記事はこちら
  • 2017/8/8
    8/31, 9/1に東京ビッグサイトで開催される「イノベーション・ジャパン2017」で当研究室主催のNanoFoundryが紹介されます。九大GICのテーマ概要(スマートエレクトロニクス)はこちらです。
  • 2017/8/8
    前期の研究室ゼミの打ち上げをビアガーデンで行いました。
  • 2017/8/3
    D3のDing Dong君の博士論文公聴会を開催しました。
  • 2017/8/3
    シンガポール国立大の Prof. Ozyilmaz Barbaros による第31回ナノテクセミナーを開催しました。
  • 2017/7/11
    元ポスドクのPabloとManchester大のMarkとの共著のグラフェンのヘテロ構造に関するレビュー論文がChem. Soc. Rev.(IF=38.6)に掲載されました。42ページの大作です。
  • 2017/7/10
    祝!D2の内田君が九州大学教育改革シンポジウム2017において、ポスター賞(銅賞)を受賞しました。おめでとう!
  • 2017/7/6
    フラットパネルディスプレィとデバイスに関する国際会議AM-FPD’17において吾郷が招待講演を行いました。
  • 2017/7/5
    科研費の挑戦的研究(萌芽)に採択されました。
  • 2017/6/15
    京都国立博物館で開催された日本結晶成長学会特別講演会 「ブレークスルーをもたらす結晶成長技術 ―ナノスケール制御による新機能発現―」において吾郷が招待講演を行いました。
  • 2017/5/26
    アメリカ化学会より Chemistry of Materials 誌, Excellence in Review Award を受けました
  • 2017/5/15
    D2の内田君が第42回(2017年春季)応用物理学会において講演奨励賞を授賞しました。おめでとう!
  • 2017/5/12
    5/13に筑紫地区キャンパス開放を行います。当研究室では「ノーベル賞の新材料!グラフェン作りに挑戦」と「 炭素のふしぎ ~光る炭素と鉛筆回路~」を企画しています。また受験生のための研究紹介や研究室見学も随時行います。多数のご来訪をお待ちしています。
  • 2017/5/11
    吾郷がバルセロナで行われた EU Graphene Flagship と日本研究者との Workshop で招待講演を行いました。
  • 2017/4/14
    新入生の歓迎会を行いました。来週は物質理工のソフトボール大会です。
  • 2017/4/7
    グローバルイノベーションセンター(GIC)の開所記念式典を行いました。 多数のご参加をありがとうございました。
  • 2017/4/6
    修士課程の3人(秋山君(佐賀大学)、小山君(北里大)、田中君(山口大))と研究生(Alexandre君(インドネシア))が新メンバーとして加入。研究室へようこそ!&新しい研究を拓いていきましょう!!
  • 2017/4/1
    吾郷が京都大学エネルギー理工学研究所非常勤講師となりました。
  • 2017/3/28
    祝! M2の仲村渠君が第52回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウムにおいて、若手奨励賞を授賞しました。おめでとう!
  • 2016/3/24
    大学院の修了式が行われ、木下君と仲村渠君が修了しました。社会でのご活躍を期待しています。それに先立って21日に研究室の送別会を行いました。
  • 2017/3/13
    D3のDing君の論文が Appl. Surf. Sci. に掲載されました。表面酸化した銅ホイル上でのグラフェン成長のメカニズムを明らかにしました。 2017/4/29までのフリーアクセスサイトはこちら
  • 2017/2/28
    D1の内田君の最初の論文が Phys. Chem. Chem. Phys. に掲載されました。原子層の絶縁膜として期待される単層h-BNをCu(111)上に配向成長させた成果です。
  • 2017/2/14
    2/15からビッグサイトで開催される nano tech 2017展 の九州大学のブースにおいて、当研究室の二次元材料の研究がサンプルとともに紹介されます。
  • 2017/1/12
    University of Central Florida の Saiful I. Khondaker 准教授による第30回ナノテクセミナーを開催しました。

ニュース・お知らせ一覧へ